人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2006 11月 沖縄旅行その4
中城城跡から東海岸(沖縄は島なのだから、東西南北全てが海岸)を北上して「海中道路」へ。海中道路とは3~4の島をつなぐ海上に掛かる橋のことで、ドライブ好きのダンナが一番通りたかった道である。橋が見えてくるころからビデオを持たされ、橋を渡りきるまでずっとビデオ撮影していたので写真はなし。しかも重いビデオを持っていたので右腕の筋を痛めた。

お昼になったので島のビーチで唯一開いていた食堂で昼食。沖縄では「パーラーxxx」という看板を出している食堂が多い。私はパーラーというと「資生堂パーラー」を思い出すが似て非なるものである。主人は初ゴーヤーチャンプルー定食600円、私はソーミンチャンプルー450円を単品で注文。海もオフシーズンなので客は地元のおっちゃんばかり。一組だけ明らかに地元以外のカップルがおり、煮魚定食を頼んでいた。写真はないのだがものすごい量のゴーヤーチャンプルーが来た。ご飯も大盛り。具は豚肉ではなく、沖縄でポークと呼ばれているスパム缶詰。私の具はツナのみ。少し寂しい。カップルの煮魚は30x30cmのでっかい皿にドンと魚が載っていた。さすが1000円、二人分はゆうにあろう。

高速に乗り、本部町の「美ら海水族館」へ行く前に瀬底島へ渡る海上橋も制覇。ここのビーチも砂が真っ白。
2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_196313.jpg


沖縄へ行く前日にTVの「どっちの旅行ショー(どっちの料理ショーの後継番組らしい)」でこの水族館と旭川動物園を取り上げており、すばらしい情報を私たちはつかんでいたのである。それは「ジンベイザメの餌付けが15時と16時半に見られる」というもの。この情報は水族館HPを見ても載っていない。館員へたずねたところ、16時半の回は17時で水族館が閉まってしまうため、あえてお客様へPRしていない旨。ということは人が少なくて独り占めできるかも?

私は8年ほど前にダイビングにはまり、100本近く潜ったが下手なせいか有名なお魚をかなり見逃している(涙)それらのお魚たちをここで見ることができた。
ワヌケヤッコ
2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_1912156.jpg

タテジマキンチャクダイ
2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_1913926.jpg


ここの水族館のウリは何といってもジンベエザメ!写真に写る人影でその大きさがわかってもらえるとうれしい。さすがに餌付けの時間は人だかりが出来たが、その後はほぼ独占状態!写真に写るカップルは赤の他人です。
2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_1924040.jpg


このばかでかい水槽にはカフェも併設されており、シーズンオフの火曜日でしかも16時半という時間帯でうまいこと水槽側の席を確保できた。自分が海の中にいるような素敵な気分にさせてくれるこのスポットはおすすめ。と思うのは自分だけでないので、ひとたび座り込んだら30分は席が空かない。7,8月や週末は多分座れないだろうな~。
マンタがズイッと目前に迫ってきた。
2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_19282867.jpg



閉館まで2時間半、十分満喫してから今日の宿、本部町備瀬の民宿岬へ。備瀬のフク木並木のど真ん中に位置しており、ロケーションは抜群。1泊2食5500円。他の人のブログで「ここの魚汁がおいしい」と書いてあったので食事前に注文しておいた。タイのアラの味噌汁に島豆腐がデンと入ってすごくおいしかった。白身のサシミもおいしく、とても満足。部屋は値段並であるが、お布団のカバーがパリッとノリが効いて気持ちよかった。

実はこの宿の場所がネットで探しても良くわからず、いけるかな~と不安だったが、カーナビでばっちし検索できた。沖縄をドライブするならカーナビは必需品。トヨタレンタリースは標準装備だった。

今回の沖縄本島旅行を計画するにあたり、図書館で旅行本を探していて見つけたのが「癒しの島 沖縄パーフェクトガイド」(2001年マガジンハウス)。サブタイトル<本当の沖縄は北にある>。この本で本部町を含むやんばるには昔ながらの陶芸や藍染などの琉球伝統工芸や山カフェなるものが数多く点在していることを知り、北部に2泊することを決めたのである。

来週はこれらの琉球工芸や山カフェ、そしてやんばるグルメについてUPします。(土日は休み)

本部町は通常の観光本には情報が少ない。民宿岬で手に入れた本部町発行の観光マップは、私が行きたかったカフェや工房、沖縄そばの店が全て網羅されており大変参考になった。

2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_19351676.jpg

本部町公式HP

2006 11月 沖縄旅行その4_f0114337_1921328.jpg

本部町の「備瀬のフク並木」
戦火を逃れた貴重な並木。静かな沖縄の暮らしを垣間見ることができる。道は土ではなく白いサンゴ砂。途中から車も通れないような道が迷路のように広がっており、並木の先の静かな浜辺までゆっくり散策したい。夜は電柱の明かりと月明かりを頼りに歩くしかしかないが、いい雰囲気をかもし出していた。昔の沖縄にタイムスリップしたような気分にさせてくれる。今回の旅行でも特に思い出に残る場所だった。
# by shokotoyota | 2006-11-17 19:24 | 旅行
2006 11月 沖縄旅行その3
沖縄2日目。晴れ。
DFSおもろまちに9時着。ホテルサンクイーンからタクシーで1000円。最初歩こうかと思ったが、路面が悪いのと上り坂が続くので荷物のことを考えてGIVE UP。DFSに入るとすぐにレンタカー会社別の受付デスクが並んでいてわかりやすい。そこからレンタカー受け取り所までDFSの中を通らなければならない(最終日に実はDFSの中を通らなくてもいけることがわかったが)。着いたばかりなんだから何も買わないぞと決心して中に入っても、化粧品やら時計やらバックやらが並んでいると思わず目を奪われる。結局ロクシタンの洗顔フォームが残り1個というので思わず購入。あきれるダンナ。11月3連休の次の日だったので閑散としていると思いきや、朝からツアーバスがぞくぞく入庫。

レンタカーはネット予約時にbB指定したのだがクラス指定で連絡されており、イストを準備していた由。イストでもいいと言うと「同じ値段ならbBのほうが断然いいから」とレンタカーのおっちゃんに諭され、15分待つ。bBはダンナの予想を裏切って先日出たばかりの新車(スピーカーが6つくらいついていて音が良い!)。おっちゃんの言うことを聞いて待ってて良かった。ただ色が。。。某ホテルの駐車場で撮影。一番左の草色が我がbB。写真が小さいがすべて「わ」ナンバーである。沖縄のわナンバーはなぜか紫や青緑など私たちの地元では見たこともないような色の車が多い。
2006 11月 沖縄旅行その3_f0114337_8192587.jpg


北中城村の「国指定重要文化財 中村家住宅」へ。(戦争のあった)沖縄でこんなにきれいに昔の豪邸が残っているのは珍しいとパンフにあり。300円を払って家に上がりこむ。映画「ナビィの恋」で見たような、全部の窓、全部の障子が開け放たれており、とても開放的。道から少し入った静かな住宅街の中にあり、入り口の大きなガジュマルがいかにも南国~という感じでゆったり回ることができた。
中村家住宅

次に世界遺産「中城城跡」へ。パソコンで「なかぐすくじょう」と入力するとちゃんと中城城と出た。ペリー提督も賞賛したという石造りのグスクが圧巻。
2006 11月 沖縄旅行その3_f0114337_8491345.jpg

2006 11月 沖縄旅行その3_f0114337_9162532.jpg


城の中には拝所という看板が幾つもある。これが何なのかわからない。沖縄文化について全然勉強してこなかったことを悔やみつつ、ただ写真を撮った。後日行った今帰仁城跡博物館に戦前の沖縄の色んな写真や説明書きがあり、そこでようやくわかった。これら世界遺産は城跡だけでなく、御嶽(うたき)や拝所など、沖縄独自の「祭祀と信仰の世界、ウタキとお墓の世界であるわけです」(平良とみ著「ちゅらおばあのなんくるないさ」より)。
うたきや拝所、ニライカナイなど、勉強不足の私には全然説明できませんが、もし興味をもたれた方は入門編としてこの本を読んでみてください。沖縄を知る上でおすすめ。とみさんは、NHKドラマ「ちゅらさん」のおばあ役で出た人です。
2006 11月 沖縄旅行その3_f0114337_973327.jpg

長くなりましたので今日はこの辺で。次回はは美ら海水族館や備瀬の並木についてUPします。
# by shokotoyota | 2006-11-17 09:04 | 旅行
2006 11月沖縄旅行その2
天気予報をみたら沖縄は最高気温26度、最低気温22度とある。これが寒いのか暑いのかわからず、私は「沖縄だから暑いはず」と主張して半そでTシャツ。ダンナは「22度は寒いはずだ」と長袖を着込み、いざ沖縄へ。
18時那覇空港についてみたら思いのほか寒く、Tシャツの負け。空港から牧志行きのモノレールに乗ったら、現地のOLさんたちは長袖のカーディガンを着ていた。。。

沖縄での初夕食は、ソムリエ田崎真也お勧めと雑誌に載っていた「炭火焼と泡盛 玄・Gen」。月曜日だから予約せずにいったが、あっという間に満席に。男性の地元の方々(彼らはTシャツだった!)と他県からの旅行者グループ(大阪弁だった)と半袖ネクタイのサラリーマンでごったがえしていた。幻の琉球在来黒豚あぐーの焼肉が食べれると聞いていたので、和牛と石垣牛と、噂の「あぐー」を注文。和牛が1800円だったのに対し、石垣牛は1300円なのに負けていないお味。石垣牛恐るべし。肝心の「あぐー」はというと、結論から言うと宮崎の「はまゆうポーク」を食べなれている私にとっては、う~ん、特に感動というほどでもなかったかな。しかし、肉は柔らかいし、脂身の部分に味わいがあった。ダンナが丁寧に取り除いて捨てるつもりだったあぐーの脂身を「私が食べてあげる」とパクパク頂いた。これがどういう結果になるか、そのときは全く考えていなかった。写真を撮らなかったのでHPをみてみてください。
  
炭火焼と泡盛 玄・Gen

宿泊は当初一人2万円のナハテラスにしようと提案したら「二人で1万2千円以内でないとダメ」とダンナから怒られ、ネットで探したプチホテルサンクイーン。女性用のビジネスホテルという趣だが部屋がフローリングでまあまあ良かった。無料朝食は100%ビジネスホテル並だが、宿代が安いので納得。ネットで予約したら、特典として真っ白なテディベアをもらったのがうれしかった。
  
サンクイーン
2006 11月沖縄旅行その2_f0114337_18113670.jpg

# by shokotoyota | 2006-11-16 18:10 | 旅行
2006 11月 沖縄旅行
2006年11月6日(月)から11日(土)まで、沖縄本島へ行ってきました。

目的は「沖縄本島レンタカー縦断」。本島最北端の「辺戸(へど)岬」から最南端の「喜屋武(きゃん)岬」までを、おいしい泡盛を頂きつつ走破しようというもの。もちろん飲酒運転はNGですので、泡盛を飲んだら嫁が運転しましたが、今回の主役はダンナ。今までも色んな半島へ行っては岬めぐりをしてきたダンナが、せっかく沖縄に行くなら「岬」と「世界遺産めぐり」だということで
以下のような旅行行程を作りました。
1日目(月曜日)
 セントレア⇒那覇空港 18:00着 那覇泊
2日目(火曜日)
 那覇⇒世界遺産「中城城跡」⇒海中道路⇒美し海水族館  本部町泊
3日目(水曜日)
 備瀬並木⇒慶佐次湾のマングロープ林⇒辺戸岬⇒古宇利島⇒世界遺産「今帰仁城跡」 本部町泊
4日目(木曜日)
 本部町カフェ&工房めぐり⇒ネオパークオキナワ⇒万座ビーチホテル泊
5日目(金曜日)
 読谷やちむんの里⇒喜屋武(きゃん)岬 那覇泊
6日目(土曜日)
 世界遺産「首里城」⇒那覇空港 12:00発 ⇒セントレア 

内容のUPはまたいずれ。。。
2006 11月 沖縄旅行_f0114337_20513259.jpg

# by shokotoyota | 2006-11-14 20:51 | 旅行
初投稿です
初投稿です_f0114337_19404751.jpg
とある人物に教えてもらいながら、今日ついにブログデビューしました。
記念すべき1ページ目は、11月の沖縄旅行の写真をUPします。
# by shokotoyota | 2006-11-14 19:42 | ごあいさつ



愛知のおいしいものや旅行記を掲載しています。皆さんの旅の参考になれば幸いです。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧